fc2ブログ
愛錠工房ブログ 解錠技術研究所
栃木県北部にて錠前師を営む者の徒然を記します

ショップバナー

解錠工具やロックスミスアイテムのお買い物は便利で簡単なネット通販で
かぎ屋 愛錠工房のご案内
かぎ屋 愛錠工房へのお問い合わせに関するご案内


当工房へのお問い合わせに付きましては、メールまたはお問い合わせフォーム(ブログまたはウエブショップに設置)よりお願いいたします。
(お問い合わせの回答はPCからGmailにより送信されますのでGmailの受け取りが可能な設定をお願いいたします。)
(また、最近多くのメーラーが迷惑メールに関するフィルターを強化していますので、返信が来ないと思いましたら先ずはお使いになっているメーラーの「迷惑メールホルダー」を捜索してみて下さい。)

当工房は鍵屋サービスと製品製作を工房長一人で全て対応しておりますので時間的自由が限られています。

電話でのお問い合わせ対応は互いのニュアンスが伝わり辛いのと作業を止める事による製品のクオリティダウンを防ぐため、大変恐縮では御座いますがご遠慮願います。

特に年度末の入退出時期は鍵屋さんなら分かるとおり大変な過密スケジュールとなり、更に新規開業や工具類の補充等も重なり2月の初旬から4月に掛けて一番の繁忙期となりますので、可能な限りインターネットによるお問い合わせをご利用いただけますようお願いいたします。

また、工房加工場及び作業場につきましては作業中断とならないよう電話機を設置しておりません。
(但し、ネット環境は整っておりますので速やかなお問い合わせの確認と返信は可能です)

☆転売購入に関する重要なご案内☆
昨今当工房の商品がオークションサイトやフリマサイト等で見受けられるようになりました。
当工房製品に関するお問い合わせの対応は当工房ウエブショップよりご購入下さったお客様のみとなりますので宜しくお願いいたします。
当工房製品は代理店販売や委託販売等を行うつもりは一切ございません。
関連パーツの販売や修理に関してはお受けいたしますが修理に関しましては有償となりますのでご了承の程宜しくお願いいたします。



その他 対応不可能な内容

・電話による注文やお問い合わせ
 何の記録にも残りませんので緊急の解錠依頼以外お受けしておりません。

・FAXによる対応は致しておりません。
(2017年に全てのFAX対応を廃止しております)

当工房の製品は価格を抑えるため説明書等を添付しておらず、全てブログ内製品ページにて確認をお願いしております。

よって、ネット環境が無い方には大変恐縮ですがお問い合わせ対応の手段がありません。

・製品カタログのご請求

当工房の製品カタログ等は存在いたしません。

紙資料による製品価格の高騰を防ぐため極力紙資料は使わない方針です。

また、解錠工具の進化や仕様変更のたびにカタログを作り直すこともナンセンスですので今後も作るつもりは御座いません。

同様に製品に関する説明書等も当ブログ内のみの解説だけとなります。

現在ウエブカタログ的なものは作製中では御座いますが、進行は大変遅くなっています。


・工房長の携帯番号はお教えできません

多くの方から携帯番号を要求されるのですが、先の理由からお教えする事は致しかねます。

正直に申しますが実の両親にも私の携帯番号は教えておりません。


・工房来店による直接購入

来店購入自体は対応可能ですが工房内への入店はお断りしております。

理由は現在開発中の試作品等が工房内で数多く開発中断したまま存在し、他にも他社から開発依頼された機器類も存在しますので機密保持のためお見せできない状況です。

特に解錠工具等を実際に触って手解きされたい初心者の方もいらっしゃいますが、上記の理由で対応致しかねます。

よって直接販売は可能ですが工房ご近所の自販機によるおもてなししか出来ませんのでご了承ください。


これらは全てご注文賜りましたお客様と開発依頼を賜ったお客様を最優先と考えているからでありますのでご了承願います。


最後に「どうしても電話で話してみたい」という方はお問い合わせに「電話希望」とお名前、電話番号、都合の良いお時間を明記し送信してください。

こちらからお電話させていただきます。



かぎ屋 愛錠工房に関する業務内容に付きましては、「続きを読む」から御確認下さいますようお願いいたします。
>>続きを読む
スポンサーサイト



令和4年 お盆休みのお知らせ
愛錠工房の令和4年のお盆休みは下記の通りとなります。

8月11日~8月16日 

ウエブショップでのご購入は可能ですが、発送や対応は休み明けとなりますのでご了承願います。

PeyPey銀行以外からのご入金をされる場合は入金反映が休日明けとなる場合がありますので入金確認に時間を有する場合が御座います。

例:8月10日にウエブショップにて注文手続き→12:00以降の入金→入金確認8月17日9:00以降→発送17日以降となりますのでご注意ください。

お急ぎの方はお振込の証明等をメール添付にてお知らせいただく事で対応させていただきます。

※クリックポスト対応による発送は週末祝日中日本郵便で行われない可能性が有ります。
新製品情報
今回は間もなく販売を開始する予定の商品に関する情報を幾つかご案内いたします。

先ずは意外と多くの方から要望が御座いましたドアポストからの解錠工具です。
3年ほど前にエンドスコープの記事で試作型を現場で検証するのを少しだけ紹介しましたが、既に他社製が幾つか販売されており真似するのが嫌で色々と試行錯誤しておりました。

ドアポストからの解錠工具

細かい事は販売時に詳しく説明いたしますが、形状はこの様な感じで後端を回すと先端が連動して回る回転式を採用いたしました。

ドアポストからの解錠工具

パーツは3分割の構成で収納時のコンパクト化と曲がりからの長さと先端部の首振り角度を調整可能にしました。

ドアポストからの解錠工具

更に8㎜径のクレセント解錠工具をお持ちであれば先端部のみの装着や

ドアポストからの解錠工具

両方合わせて複雑なポスト形状対応も行える汎用性が高い設計となっています。

ドアポストからの解錠工具

先端部はM6ネジとなっておりますのでM6タイプのカメラ内蔵型接続金具の装着も可能です。

続きまして

回転式サムターン解錠工具


似たような形状ですがドアポスト型と同時進行で開発しておりました覗き穴からの回転式サムターン解錠工具となります。

回転式サムターン解錠工具

この形状のままですと覗き穴には絶対に入りませんので本体パイプにスリット加工を施し

回転式サムターン解錠工具

伸縮時には首振り動作を抑え

回転式サムターン解錠工具

一番縮めた状態でのみ後端の操作部と連動して90度程度首を振る仕組みにいたしました。

回転式サムターン解錠工具

この形状であれば覗き穴に入り少しでも伸ばせば先端の回転のみの操作へ切り替わる仕組みです。

画像の物はカメラ無しとなりますがカメラ内蔵型も同時進行中で、多分当工房の解錠工具ではハイエンドモデルになると思われます。

回転式サムターン解錠工具

ドアポスト型も同様ですが回転式ですので後端の操作部も新設計いたしました。

回転式はどうしてもワイヤーのラグが発生してしまうので若干解錠方向にテンションを掛けて回す必要性が有り、穴に指を入れて回しやすいようにしています。

カメラマウント付きグリップ

それから今回から採用していますスマホマウント付きホルダーグリップですが、汎用性が高いので各種既存のドアスコープからの解錠工具類にも対応可能なようにバージョンを増やそうと思っています。

カメラ内蔵型解錠工具

こちらはカメラ内蔵型解錠工具ですが、グリップ一本で色々な工具に対応出来ればグリップ一本分ですが価格が抑えられたり、コンパクト化が図れますので木箱の収納率が上がったりします。

それに伴ってセット品の再構築や新しいセットの構築と付属品構成の見直しに価格の設定と面倒な事も山積みであったりもします(汗)

そんなこんなで色々と再構築しなくてはならない事が増え木製グリップや幾つかのサムターン解錠工具がウエブショップ上で在庫0のままですが、今しばらくお待ちください。

既に現場レベルでの検証も粗方完了し整った物から販売を開始いたしますので「まだですか?」と熱いエールという名のプレッシャーメールをお送りくださる皆様、もう少しだけお待ちください(笑)

テーマ:プロ用の道具 - ジャンル:就職・お仕事

M社シリンダー破錠ガイド
予てより模索していましたシリンダー破壊用の工具ですが、先ずは一番ポピュラーな手法を確立しておく必要は必ずあると思いまして、一番遭遇率が多いM社のU9用の破壊解錠用ガイドを作製いたしました。

M社U9用破壊解錠用ガイド

ステンレス製のナットと純正キーを組み合わせたシンプルな構造です。

M社U9用破壊解錠用ガイド

使い方も極めてシンプルでキー部分をシリンダーに差し込み

M社U9用破壊解錠用ガイドM社U9用破壊解錠用ガイド

ディスクグラインダーにて辺に沿ってシリンダー上部へ切り込みを入れていくだけです。

M社U9用破壊解錠用ガイドM社U9用破壊解錠用ガイド

縦縦斜め斜めと6方向全周を適度にカットし

M社U9用破壊解錠用ガイド

程よい深さで上手くカット出来れば

M社U9用破壊解錠用ガイド

前面部は除去可能となり

M社U9用破壊解錠用ガイド

シリンダーコアを引き抜く事が可能となります。
(シリンダーコアを傷付けたくない場合は不要な純正キーで軽く回してテンションを掛けて抜くのが良いでしょう)

M社U9用破壊解錠用ガイド

後はドライバー等でケースロック自体を操作してデッドボルトを解錠すれば良いだけです。

M社U9用破壊解錠用ガイドM社U9用破壊解錠用ガイド

何度かガイド無しで同様の切り込み作業をしてみましたが意外と思ったところに定まらず作業時間が余計にかかる結果に・・・

この作業の一番の問題は騒音と言われていますので可能な限り機械工具を動かしている時間を短縮するコンセプトで製作いたしました。

M社U9用破壊解錠用ガイドM社U9用破壊解錠用ガイド

他にも裁判所等の執行対応でコアシリンダーを傷付けずに抜きたい場合は可能な限りギリギリまで切ってマイナスドライバー等でコジるとペキッと割れて外すことが可能です。
※この手法を使用していいか如何かは必ず担当の執行官にご確認ください。
 因みに私が確認したところ執行官様で意見が2つに分かれまして破壊は容認できない方が存在しました。

M社U9用破壊解錠用ガイド

この作業で一番重要となるのがディスクグラインダーの刃で、色々試した結果ですが丁度良いサイズは2.2㎜厚の鉄鋼用ディスク刃となります。
実際は1㎜厚とかの薄い刃の方がカット効率は良いのですが、6方向切りでは必ず内側に突出が出来てしまい面倒なだけでした。
また、使用回数により小さくなったディスク刃は前後に動かす量が増え効率は悪くなりますので、新しい刃の方が間違いなく作業効率は良いでしょう。

※私の場合は何処でも手に入るホムセンより購入したディスク刃を対象としましたが他にも良い刃が有るかもしれません。

M社U9用破壊解錠用ガイド

また、工具は安価なAC100Vの工具からマキタの充電工具まで使用しましたがコンセントが無い場所が大多数でしょうから充電式がメインとなるかと思います。

因みに私が使用したマキタの充電式ディスクグラインダーでは6Ahではフル充電で6個のシリンダーを破壊出来ました。(最後の6個目厳しかったけど)
私は14.4Vで統一してしまっているので現行の18Vとか24Vとかであれば若干早いのかと思います。

M社U9用破壊解錠用ガイド

それから当たり前ですが目の防護用ゴーグルと火傷防止のグローブは必ず着用にてお願いいたします。
実を言いますと先日、知り合いの若い鍵屋さんが工具で目に破片を受け業界を去りました。
昔から鍵屋も「怪我と弁当は自分持ち」と言われる職業です。
慣れて単純に作業すると折角手にしたスキルを無駄にすることとなりますので、ご注意願います。

他にも火花も出ますし破片も飛びますから周りに燃えそうな物が無いか注意し養生を忘れずにお願いいたします。

M社U9用破壊解錠用ガイド

充電式ディスクグラインダーの他には充電式ポータブル電源による試験も行いましたが、騒音の面で分が悪く充電式ディスクグラインダーの方が使い易いと思います。

M社U9用破壊解錠用ガイド

当初は生ブランクで良いかと思いましたが試験で一度ディスクに引っ張られてすっぽ抜けましたので、純正キーを若干抜け難く表面加工し製造しています。

気になる程ではないですが少しゾリゾリした入り具合となっています。

M社U9用破壊解錠用ガイドM社U9用破壊解錠用ガイド

他にもLSPタイプでも試しましたがご覧の様に破錠は可能ですがLAタイプに比べて切り込む深さも深く、聞いてはいましたが切り難いですね。
せめてもう少しディスク刃に金属がこびり付かなければ良いのですが・・・

M社U9用破壊解錠用ガイド

他にもRAタイプも破錠は可能でしたが、このタイプは扉の表面プレートと近いのでお勧めは出来ません。
まぁ、このタイプが付いている扉は必ずと言っていいほどドアスコープ付きでドアポストまである事が多いので破錠は無いと考えています。

M社U9用破壊解錠用ガイド

こちらは今回試験で使用したガイドで20回程度使用いたしましたが問題は無いようです。
破錠作業は破錠工賃とシリンダー交換費用が必ず発生しますので耐久性的な費用対効果は充分だと思われます。

また、効率の良いカット方法は2.2㎜厚の刃でガイドより気持ち離してカットするのが時間短縮のコツと思えます。

M社U9用破壊解錠用ガイド

もっと耐久性を伸ばしたい場合はガイドである程度溝を掘ったら外してしまい、溝に添って切り込んでいけば半永久的に使えると思います。

M社PR用破壊解錠用ガイドM社JN用破壊解錠用ガイド

それから今回ついでに同社PR用とJN用の破錠ガイドも作製いたしました。
PRは意外と深く切り込まないと開口できませんのでご注意ください。
JNは構造上若干抜け難い(中にバネ抑えがある)ですから不要な純正キーなどを使って強く引っ張って抜く必要が有ります。

M社U9用破壊解錠用ガイド

しかし、こちらの純正ブランクは手持ちの数が乏しく手に入れた場合のみの限定在庫販売となり個別販売は行わず3点セットのみとなります。

勿論入手次第在庫は増やしてまいります。


そして最後となりますが、前にも申したとおり私は破錠の様な作業は好んでおらず、今回半年以上に渡り破錠とは何かを模索いたしました。
確かに玄関扉以外にアタックポイントが無い場合は有効であり収益も見込めますので必要なスキルなのだと思います。
しかし、先にも申したとおり安全には充分に留意して作業していただきたく思います。
回転系の工具による事故は意外と多く、特にディスクグラインダーの様な工具は切り込み時に対象物に銜え込みが発生すると工具が暴れる傾向が御座います。
それにより、自分の方に回転した刃が向ってきたり工具が前方に向かって走ってしまいドアに傷を付けたりもする可能性が御座います。
常に初心を忘れず安全第一での作業を心よりお願いいたします。




 

テーマ:プロ用の道具 - ジャンル:就職・お仕事

カメラ内蔵型 Wi-fiユニットのメンテナンス
カメラを内蔵した解錠工具を販売開始してから早くも4年の月日が過ぎまして、使用頻度にもよりますがそろそろ問題であるバッテリーの寿命が来る時期かもしれません。
単純な解決法としましてはモバイルバッテリー等の外部電源を繋いでポケット等に忍ばせる方法が御座いますが、ケーブルの煩わしさが嫌な場合はバッテリーの交換となります。

当工房にてWi-fiユニットの修理やバッテリーの交換は可能なのですが、出来るならご自身で行った方が絶対的に安上がりなのと、その他修理にも役立ちますので今回はカメラ内蔵型シリーズのメンテナンスをご紹介いたします。

本来であれば交換用のWi-fiユニットを販売すれば済むことかもしれませんが、実はこれが出来ない理由が御座いまして・・・

Wi-fiユニットのメンテナンスWi-fiユニットのメンテナンス

こちらのマイクロUSBコネクタ(Bタイプ)なのですが同時期購入の同ロットから2種類の仕様が出てくる状態で、違いは青線仕様と緑線仕様の2パターンです。

まぁ、線色の違い程度でしたら問題は無いのですが調べましたら配線の線色が実に滅茶苦茶・・・
実際USBコネクタにはフル結線で5線の実線が有りアースケーブルを含めれば6線結線となります。
アース線は置いておいて5線の結線がオス側メス側で1は1、2は2・・・5は5と繋がってはいるのですが、使われている線色はバラバラという日本人には考えられない製造方法・・・

つまり、1は1にと全て正しく繋がっているのだから問題無しという考えで「中は通常見えないんだから、これでいいでしょ!」って中華製品らしい仕様なわけです。
過去に知り合いの社長が中国から安い羽毛布団を仕入れて販売しようとした際に、届いたら指定した柄と違うどころか全部がバラバラで文句を言ったら「目を瞑って寝るのに模様や柄や色が関係あるのか?」と謎の逆切れをされた話を思い出してしまいました(笑)

こんな仕事しかできない奴らに日本の製造業は駆逐されたのかと思うと腹立たしくも思いますが、実際日本製のUSBケーブルなんて皆無ですから致し方ありません・・・

話しは逸れましたが何が言いたいかと申しますと結線が色で統一されていませんので同じものが作れないって事になります。
なので修理の際には本体とWi-fiユニットの両方を送って頂く事になり、送料が凄く掛かってしまう無駄になります。

Wi-fiユニットのメンテナンス

また当工房でも画像のような物を作ってコネクターとの整合性を調べたりしなくてはなりません。

であれば、ご自身でメンテナンス出来た方が得策と考えまして今回の本題へと入りますが、先ず必要な工具は精密系の細いドライバーのマイナスだけ、基板の交換を行う方は更に細いドライバーのとプラスにピンセットと半田ごてとヤニ入り糸ハンダ、有ればグルーガンが必要になります。

交換用エンドスコープ(Amazon)
それから交換用のエンドスコープをAmazonが一番安いと思いますので購入してください。

Wi-fiユニットのメンテナンス

先ずは両方のWi-fiユニットの上蓋を外しますが当工房製は既に一度外していますので簡単に外れる事と思います。

Wi-fiユニットのメンテナンス

しかし交換用で購入した物の中には接着剤がきっちり塗られている物も有り(殆どがいい加減に塗られてます)
特にこちら側は何故かしっかり接着されている傾向が有りますので慎重に外してください。

Wi-fiユニットのメンテナンスWi-fiユニットのメンテナンス

蓋が外れましたらプラスドライバーで基板を止めているネジ2個を外します。

Wi-fiユニットのメンテナンス

基板をケースから引き揚げながらバッテリーのケーブルコネクタを基板から外せば、そのままケースごとバッテリーを交換し、逆の手順で元に戻せばバッテリーの交換は完了いたします。

Wi-fiユニットのメンテナンス

他にもバッテリーのみを購入して交換する方法も御座いますが、その場合は3.7Vの1800mAが標準となります。
実際ここで重要なのは3.7Vのバッテリーであることで1800mAより小さければ稼働時間が短くなりますし、大きければ大容量って事で稼働時間を長く出来ます。
また、ケースには空間的余裕が意外とありますので3.7Vで若干大きめのリチウムイオン電池が存在すれば交換は可能ですが、私は見つけることが出来ませんでした。
同サイズの物であればAmazonで見つけたのですが価格がWi-fiカメラユニットとほぼ同額でした。


続いて良くあるトラブルでカメラが映らなくなった!という場合の対処法ですが、長くなりますのでブログで見ている方は「続きを読む」からご確認ください。

 
>>続きを読む

テーマ:プロ用の道具 - ジャンル:就職・お仕事